黒酢肝臓機能改善効果

黒酢肝臓機能改善効果

黒酢肝臓効果

肝臓はおなかの右上部にある大きな器官です
人間が口にした食べ物は胃腸で消化吸収され肝臓に貯蔵されます

その後必要に応じて体内の隅々に供給されます

また胆汁を十二指腸へ出して脂肪を乳化し吸収を助けたりグリコーゲンの合成と貯蔵
アミノ酸の代謝たんぱく質の合成解毒や尿素合成など生命の維持に重要な働きをしています

肝臓の働きが低下すれば肝蔵の働きが低下すれば肝細胞の中に脂肪がたまって脂肪肝になります
肝蔵は半分切除しても戻るほど強い再生能力を持っているので自然治癒力することもありますが
脂肪肝の状態が長く続くと肝硬変になってしまいます

肝蔵は脂肪肝の状態では自覚症状が出ません
自覚症状が出たときには病状が進行しており肝蔵が沈黙の臓器と呼ばれるのはそのためです

肝蔵を病気から守るには高カロリー高脂肪の食べ物をとりすぎない
酒を飲みすぎないストレスをためないことです

酢の特に沖縄もろみ酢に多く含まれるクエン酸は肝臓細胞内のクエン酸サイクルの働きを活発にします
それによって体内に摂りいれた食べ物をエネルギーとして完全に燃焼させます

酢酸のすばらしいところは体内に蓄積されていた余分な脂肪も
クエン酸サイクルに引き込みエネルギーとして燃焼することです

酢酸はストレスにも有効です
酢酸を体内に補給し続けると健康を維持することができ
自律神経も整うので精神的にも安定が得られます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)