黒酢は胃腸の働きをよくする

黒酢は胃腸の働きをよくする

黒酢胃腸の働きをよくする

過労やストレスが続いたり心配事があったりすると食欲が落ちてきます
酢には胃腸の働きを良くして食欲を増進してくれます

酢の中に含まれるクエン酸や酢酸、りんご酸などの有機酸です
有機酸はグレープフルーツ、みかん、オレンジなどのかんきつ類や梅にも多く含まれています

有機酸は唾液腺を刺激して食欲起こさせて消化を促す働きがあります
唾液腺が刺激されれば唾液の量が増え口にした食べ物の消化を助けて胃液の分泌を促します

胃液が分泌されればおのずと食欲が出てきます
また酢は胃腸粘膜に元気を与えます

胃酸の分泌が少ない人にとって酢は胃酸の分泌を促すばかりでなく代役も務めます
足りないのは胃液の代わりに食べ物を細かく溶解して吸収しやすいように手助けします

Cat-Pink-icon

酢は胃腸の有害な細菌を殺菌する

酢には食中毒の原因となるブドウ球菌、サルモネラ菌、大腸菌などを殺菌する力があります
日本では昔からまな板や布巾の殺菌に酢を使用してきました

料理の酢洗いや酢じめ、酢漬けは酢の殺菌力を利用したものです
また弁当やおにぎりに梅干を使うのは菌が繁殖するのを防ぐためです

酢の殺菌力は食品だけでなく体内でも発揮されます
酢をとると口腔内や消化器官で有害な細菌の繁殖を抑え消化吸収がよくなります

また酢でうがいをすると口腔内の殺菌ができ歯槽膿漏の予防になります
食欲がないけど何か食べないといけない、あるいは胃腸の調子が悪く
あまり重いものは食べたくないという経験は多くの人がもっています

そんな時、さっぱりした物が食べたい
そのさっぱりしたものの正体こそ酢に含まれるクエン酸、酢酸などの有機酸です
体が無意識のうちに体調を整えるために必要なものを欲しがるものです