黒酢アミノ酸

黒酢アミノ酸

アマン壷の中で自然発酵した酢は様々な有効成分が含まれています
有機酸では酢酸、乳酸、クエン酸、リンゴ酸、コハク酸、ビタミンB1、B2、B6、B12
ニコチン酸、パントテン酸、マグネシウム、カルシウム、鉄、アミノ酸などです

特にアミノ酸は体に必要な組織を構成して体の機能を維持するうえで必要な物質であり
アミノ酸が不足すると肝機能の低下など様々な障害がおこります

またアミノ酸は、クエン酸サイクルをまわすための様々な酵素を作りやすくします

人間の体を構成する成分で1番多いのが水で次はタンパク質で体重の20パーセントになります
このタンパク質を構成する最小単位がアミノ酸で20種類のアミノ酸が複雑に組み合わさって

約10万種類の膨大な数のタンパク質が作られ心臓などの
臓器から筋肉、血液まで人体のすべてを構成しています

アミノ酸を発見したのはフランスの科学者、L,NボグランとP,Jロビゲです
1806年アスパラガスの芽からアミノ酸を結晶として抽出することに成功して
アスパラガスにちなんでアスパラギンと名前をつけました

その後たくさんのアミノ酸が発見されその数は500種類といわれています
酢の味をよくするといわれるグルタミン酸はドイツのH,りっとハウゼンが1866年発見しました

タンパク質は数多くアミノ酸が組み合わせでできており通常は食事によりタンパク質をとりいれます

タンパク質は胃や膵臓から分泌される消化酵素によって
アミノ酸が数個重なりつながったペプチドになり最終的に小腸でアミノ酸に分解されます
ここまでに約2時間かかり、その後アミノ酸は体内に必要なタンパク質に合成されます

browser-girl-chrome-icon

体内で作ることができないアミノ酸

500種類ぐらいあるアミノ酸のうち体を作るタンパク質を構成すっるのは20種類のアミノ酸です
この中の1つでも不足すると人間の体は正常に機能しません

20種類あるアミノ酸のうち11種類は体内で作ることができますが
残りの9種類は体内で作ることができません

これを必須アミノ酸と呼び大人の場合は
バリン、ロイシン、イソロイシン、スレオニン、メチオニン、リジン、フェニルアラニン、トリプトファンの8種類で
子供の場合はヒスチジンを加えて9種類になります

必須アミノ酸は食事からバランスよく取り入れるしかありません
福山町の黒酢には必須アミノ酸を始め多くのアミノ酸が含まれています
醸造用アルコールに少量の穀物を入れ短期間で発酵させた一般の酢と比べると
その量は10倍から20倍になります