黒酢コレステロール値下げる

黒酢コレステロール値下げる

黒酢コレステロール値下げる

コレステロールと聞くと悪く思いますがコレステロールは脂質のひとつで細胞膜やステロイドホルモン
消化や吸収を助ける胆汁酸の材料になる大切な成分です

人間の体で1日に必要なコレステロールの量は1000mgから1500mgになります
その大半は肝臓かで脂質から作られますが残りは食事から摂取することになります

人間の体には100グラムから150グラムのコレステロールがあり
血液中には10グラムから13グラム含まれていて作られたコレステロールは血液により全身に運ばれます

コレステロールは脂質の一種であり水と油が分離するように血液には溶けません
溶けないままだと体の隅々まで運ぶことができません

そこでコレステロールは水に溶けやすいリン脂質やアポタンパクに包まれて
粒子になり血管の中を移動します、この粒子をリポタンパクといいます

リポタンパクはコレステロールの運び屋として働き中性脂肪も運んでいます
リポタンパクは数種類あり特に動脈硬化などの関係から重要視されているのが
LDL(低密度リポタンパク)HDL(高密度リポタンパク)です

この2つはたんぱく質構成しているアミノ酸が異なっていて
LDLは悪玉コレステロールHDLは善玉コレステロールともよばれています

悪玉コレステロールは体に必要なコレステロールを供給していますが
悪玉コレステロールそのもが悪玉というわけではありません

体内で余分に作られたり摂取されすぎると善玉コレステロールが体内の過剰な
コレステロールを回収して肝臓に戻す働きをしてくれます

必要なだけコレステロールが供給され善玉コレステロールが
必要ないコレステロールを回収できれば問題はありません

しかし回収されないコレステロールが血液中に増え酸化して変質して動脈の内壁に付くと
動脈硬化を引き起こす原因になります

browser-firefox-icon

酢は善玉コレステロールを増やし余分な脂肪を減らす

健康な人の総コレステロール値は150から220mg、dl
LDLが70から120mg。dl、HDLが40から60mg、dlが理想的です

悪玉コレステロール(LDL)の割合が増えると回収されなかったコレステロールが
動脈の内壁に付着して粥状の塊ができ動脈が弾力を失い硬くもろくなり動脈硬化をおこします

悪玉コレステロール(LDL)の増加の原因考えられるのは肉や加工食品のとりすぎ
砂糖などの甘いもののとりすぎ塩分のとりすぎ運動不足ストレスなどです

コレステロール値を正常に保つには海藻や野菜や大豆などの食品を十分にとり
栄養のバランスの食事をすることです

その時調味料として酢を使うと効果的です
特に沖縄もろみ酢はクエン酸サイクルの回転を良くして食物の消化吸収
コレステロールになりやすい脂肪をエネルギーとして燃焼させます

脂肪を燃焼させることで余分なコレステロールの生成を防ぎます
福山町の黒酢にはHDL(善玉コレステロール)を構成するアミノ酸が多く含まれています

HDL(善玉コレステロール)のレシチンはコレステロールが血管に沈着するのを防ぐ働きをします