黒酢ダイエット

黒酢ダイエット

食事によって体内に取り入れられた炭水化物はブドウ糖からビルビン酸に分解され
さらに別の酵素によってアセチルCoA(活性酢酸)に分解されます

アセチルCoA(活性酢酸)はクエン酸、コハク酸、フマル酸、リンゴ酸などに
分解されながらエネルギーを作ります

こうしてクエン酸がオキザロ酢酸という物質になった時アセチルCoA(活性酢酸)と合体して
クエン酸に戻り再び同じ回路を巡ります

これをクエン酸サイクルといいます

browser-girl-chrome-icon

クエン酸サイクル

クエン酸が形を変えながら循環するとエネルギーを生み出します
このエネルギーが体を動かす原動力になります

クエン酸は体内で生成される成分ですが食べ物にも含まれます
オレンジ、グレープフルーツ、レモン、などの柑橘類、酢の中でも沖縄もろみ酢に多く含まれています

体外から摂りいれられたクエン酸は直接クエン酸サイクルに入ります
クエン酸サイクルを回すと体内のエネルギーを燃焼させると様々なメリットがあります

まず体内に蓄積しようとする中性脂肪や糖質を燃焼させ体外に排出させます
その結果コレステロールの増加を防ぐことができます

クエン酸サイクルが活発に活動するとダイエット効果につながります
食事を抜くなどの無理なダイエットをするより毎回バランスの取れた食事に酢の物をつけるか

毎日少量ずつ酢を飲み続けたほうが健康にもよく無理なく続けることができます
肥満の原因は食べすぎですが食生活や習慣や嗜好はなかなか変えることができないので
意識的に酢を飲み続けることが効果的です