黒酢血液さらさら効果

黒酢血液さらさら効果

黒酢と沖縄もろみ酢血液さらさら効果

血液は1分間で人の体を1週します
血液は水のようにサラサラと思いますが実際はドロリとしています

血液を分離してみると液体と固体に分かれます
この固体部分が赤血球で血液中に20兆から25兆個存在します
体の細胞が60兆個なので赤血球だけで細胞の3割から4割近くを占めています

このように赤血球が多数含まれる血液が水のように流れ
1分間で体内を1週するのは液体である赤血球が液体のように振舞うことが出来るからですが
この作用を赤血球変形態といいます

赤血球変形態は毛細血管で威力を発揮します
赤血球は中央が少しくぼんで円板状をしており大きさは2ミクロンから5ミクロンで
赤血球は形を変え、その中を通り体の隅々まで酸素を運びます

血の巡りが良いのは赤血球変形態が良い状態で
悪くなると血液がドロドロ状態になり赤血球同士が凝縮してしまいます
凝縮してしまうと赤血球は毛細血管まで入ることができません

血の巡りが悪くなり血栓ができたり、その先の細胞が壊死してしまう可能性があります
その結果高血圧や脳梗塞、狭心症、心筋梗塞などの危険性が高まります

Cat-Pink-icon

酢を飲むことで予防

しかしこれは酢を飲むことで予防することができます
黒酢と沖縄もろみ酢には赤血球変形態改善作用があります
毛細血管を使用した実験や人を使った臨床試験で血液がさらさらになることが確認されています

また純粋米酢を1日約30ml飲むだけで1週間で赤血球変形態が改善され
血液がサラサラになったというデーターもあります

さらさらの血液は弱アルカリ性で酢は酸性になった体を弱アルカリ性に還元する力をもっています