黒酢疲労回復効果

黒酢疲労回復効果

黒酢疲労回復効果

運動したり仕事をして疲れた時に酢をとることは疲労回復につながります
疲れると血流が悪くなり疲労物質である乳酸が筋肉細胞中に大量に作られ血液中や尿中に増加します

そして体内に乳酸が多くできるほど血中カルシウムが消費され少なくなり尿として排出されます

酢をとることで血中カルシウムが増え乳酸が少なくなります
これは酢に含まれる酢酸やクエン酸の働きによるものです

クエン酸を積極的に摂取しているスポーツ選手が多いのは
体調を整えるだけでなく過酷な練習や競技で疲労した筋肉に乳酸が蓄積するのを防ぐためです

酢酸やクエン酸は疲労物質を分解する優れた有機酸であり
これを多く含む酢を毎日とり続けることで疲労を解消することができます

Kanban-sign-icon

肩こりや腰痛を解消

肩こりの原因は肩の筋肉に溜まった乳酸です
乳酸は筋肉細胞内でブドウ糖が上手に酸化燃焼できないためピルビン酸が変化したものです

普通以上の運動や労働をするとエネルギーもその分必要になり
エネルギー源になるブドウ糖も多く燃焼されます

そして燃えかすが出ます
炭酸ガスと水は自然に体外に排出されますが問題はピルビン酸から作られる
アセチルCoA結合する相手であるオキザロ酢酸がない
ピルビン酸は血液の中にとどまり水素と結合して乳酸に変化します

この乳酸が肩こりや腰痛のもとでもあります

牛乳に酢やレモンを加えるとたんぱく質が固まります
肩こりが生じるメカニズムはこれと同じで乳酸が体のたんぱく質と結合して
乳酸たんぱく質となり肩の筋肉に溜まってしまいます
乳酸が腰に溜まると腰痛になります

黒酢やもろみ酢などの酢に含まれる
酢酸、クエン酸、りんご酸などの有機酸には乳酸を分解する力があります

なかでもクエン酸はピルビン酸が乳酸に変化しないようにクエン酸サイクルに引き込みます
クエン酸サイクルに引き込まれたピルビン酸の変化成分アセチルCoAは
オキザロ酢酸と結合してクエン酸に変化してサイクルをまわり続けます

もろみ酢クエン酸サイクル

もろみ酢クエン酸サイクル

クエン酸サイクル

沖縄もろみ酢に含まれるクエン酸は人間の生命維持に必要なエネルギーを作るために必要なものです
人間が体を動かしたり維持したりするために食事で取り入れた物をブドウ糖や脂肪酸に分解して燃焼し

ATP(アデノシン三リン酸)を作り出すことが必要です
このエネルギーを作るシステムをクエン酸サイクルといいます

このメカニズムを解明したのがドイツのH、Aクレブス博士です
クレブス博士はこの理論で1953年ノーベル医学生理学賞を受賞しました

クエン酸サイクルはTCA回路やクレブス回路とも呼ばれます

食事で摂取された炭水化物は胃で消化され小腸で酵素の働きによってブドウ糖に分解吸収されます
小腸から血管に入ったブドウ糖は肝臓へ向かいエネルギー源として貯蔵されます

そしてブドウ糖が必要になるとブドウ糖は再び血管の中に入り体の細胞に運ばれます
細胞に入ったブドウ糖は酵素によってピルビン酸に分解され

さらに別の酵素によってアセチルCoA(活性酢酸)に分解されます

このように作られたアセチルCoA(活性酢酸)は
クエン酸、コハク酸、フマル酸、リンゴ酸などに分解されエネルギーを作ります

こうしてクエン酸がオキザロ酢酸という物質になったとき
アセチルCoA(活性酢酸)と結合してクエン酸に戻り再び同じ回路を巡ります

このように巡るのでクエン酸サイクルと呼ばれます

炭水化物ばかりでなく脂肪も脂肪酸さらにアセチルCoA(活性酢酸)に分解され
最終的にクエン酸サイクルに入りエネルギーとして燃焼されます

Adium-Bird-Sleep-icon

クエン酸サイクルを活性化するもろみ酢

クエン酸サイクルが順調に回され始めて私達の体を動かすエネルギーが作られます
このサイクルで重要な鍵を握るのがクエン酸です

クエン酸は体内で生成される物質ですがストレスや過労などのマイナス要因が多いと生成されにくくなります
そのようになるとサイクルを順調に回すことが出来ず体の不調につながります

しかし酢を摂取するとクエン酸サイクルが活性化されます
なぜかというと酢に含まれるクエン酸と酢酸に秘密があります

体外から取り入れられたクエン酸、酢酸は直接クエン酸サイクルに
クエン酸はクエン酸に酢酸はオキザロ酢酸へと働きかけます

クエン酸を多く含んでいるのが、もろみ酢です
もろみ酢の原料である、もろみはクエン酸が豊富で
また発酵熟成に時間をかけているので一般の酢の何倍ものクエン酸を含んでいます

毎日もろみ酢を摂取することで人間の生命活動を行うクエン酸サイクルを活性化できます
クエン酸サイクルが活性化すると疲れがなくなり肌つやもよくなり生活習慣病の予防になります

browser-girl-chrome-icon

クエン酸サイクルが崩れるとどうなる

紙を燃やすと灰が残るように食事によって体内に入った炭水化物が消化、吸収され
エネルギーとして燃焼されると燃えカスができます

その燃えカスは炭酸ガス、水、ピルビン酸の3種類です

炭酸ガスは呼吸によって水は尿によって体外へ排出されますが
残りのピルビン酸はビタミンB1の助けを借りてアセチルCoA(活性酢酸)を経て
クエン酸になりクエン酸サイクルに入ります

このピルビン酸はクエン酸サイクルで使われるのは良いですが余ると人の体に害を及ぼします

ピルビン酸がたまり起こる代表的な病気が脚気です
脚気にならなくても血液中に蓄積され水素と結合して乳酸に変化します

乳酸は疲労のもとになる物質で乳酸が増えると
脳を刺激して精神の安定がくずれ怒りっぽくイライラしてきます

さらに組織内のたんぱく質と結合して筋肉を硬くして肩こりや腰痛、動脈硬化を引き起こします
乳酸を減らすには余分なピルビン酸を作らないことが重要です

そのためにはクエン酸サイクルを正常に保つことが重要です
効率よく循環を促すためクエン酸と酢酸を補給することが大事です