黒酢抗アレルギー作用

黒酢抗アレルギー作用

黒酢抗アレルギー作用

体内に異物が入りこむと体は異物に対して無害化する物質の抗体を作ります
そして再び同じ異物が体内に入ってくると抗体が反応して異物を処理します

これは人間の体を守る免疫として働いているのですが限度を超えて
本来は守る体を攻撃してしまう場合がありますこれがアレルギーです

アレルギー反応が起こると肥満細胞(マスト細胞)から
ヒスタミン、セロトニン、ロイコトリエンなどの物質が放出されかゆみや湿疹などの症状を引き起こします
このアレルギーのかゆみを抑えるために軟膏を使ったりします

黒酢のペプチドにはアレルギー性の、かゆみを抑える軟膏と同じ働きがあることがわかっています
またアレルギー症状の治療法の1つに体質改善があります

もろみ酢はクエン酸サイクルを活発にし自律神経の
バランスを整え酸性の体質からアルカリ性に導く働きがあります

 

browser-girl-chrome-icon

黒酢美容効果

肌の若さは保湿力、活発な新陳代謝、外部の刺激から守る
保護力、弾力やハリの4つのバランスがとれていれば保たれています

肌の美しさを保つためのもというと美容液や乳液、クリームなど肌の外側から働きかけるもが多くあります
あわせて内側かrも肌をきれいにしていくことが必要です

皮膚は皮下脂肪の上に2mmから3mmの真皮
その上に0,1mmの表皮0,01mmの角質層からなっています

表皮は約4週間のサイクルで新しく生まれ変わり表面に押し上げられて角質層になります
この角質層にどれくらいの水分があるかどうかで皮膚の状態が左右されます

その保湿因子として重要な物がアミノ酸です
アミノ酸が不足すると肌がかさついたり、つやがなくなったりします

黒酢には血行をよくして新陳代謝を活発にする働きがあり肌を内側から美しくします
また黒酢やもろみ酢には肌細胞の新陳代謝を活発にする働きがあります

皮膚の表皮が角質層になる代謝サイクルが崩れると肌がかさついたり、つやがなくなったりします
新陳代謝が活発なうちはよいですが衰えてくると本格的なシミ、シワになやまされることになります
酢を毎日飲むことで悩みは解消され肌にはりがもどってきます