黒酢糖尿病予防

黒酢糖尿病予防

黒酢糖尿病予防

糖尿病はインスリンの作用が低下することで起きる病気です
インスリンは血液中の糖分が組織細胞内に入るのを助ける働きがあります

このインスリンが不足すると糖分が組織に入れずにそのまま尿と一緒に排出されます
糖尿病には大きく2つのタイプがあります

一つはI型糖尿病で膵臓が機能しないのでインスリンが分泌されません
これはインスリン依存型糖尿病、小児や若い年齢層に発病することから
若年型糖尿病とも呼ばれます

もうひとつがⅡ型糖尿病でインスリン非依存型糖尿病
中年層に多いので成人型糖尿病とも呼ばれます

このタイプはインスリンの働きが悪くなるために起こり日本人の糖尿病の95パーセントを占めています
糖尿病の原因は食べすぎ、カロリーのとりすぎ、ストレス運動不足肥満などです

現代の日本は食べ物が豊富で食べ過ぎると膵臓が通常に分泌する以上のインスリンが必要になります
この状態が続くと代謝がおかしくなり糖尿病を引き起こしやすくなります

糖尿病になるとのどが渇きやすくトイレが近くなる、疲れやすくなる
吹き出物がでやすい視力低下などの症状があらわれます

さらに糖尿病は動脈硬化や腎症、神経障害などの合併症を引き起こします
治療には薬が使われますが薬ではなかなか治癒しません

予防のためには食事のコントロールが重要で増えすぎた体重を適正体重に戻して維持するための
エネルギーの調節、栄養不足にならないようにバランスよく栄養素を摂取しなければなりません

browser-girl-chrome-icon

予防によい酢

人間が口にした食べ物のうち炭水化物は消化吸収されてブドウ糖に変化します
ブドウ糖はアセチルCoA(活性酢酸)へ変化してオキザロ酢酸と結びついてクエン酸になります

このクエン酸はイソクエン酸、コハク酸、リンゴ酸へと様々な酸に変化市ながら再びオキザロ酢酸に変化します
そして次々に作られるアセチルCoA(活性酢酸)と結合しクエン酸へと変化します

この循環を繰り返しエネルギーが作られます
このエネルギーを生成するクエン酸サイクルが活発になると体内に蓄積されていた
余分なブドウ糖、たんぱく質、脂質も燃焼させてくれます

これで肥満を防ぐことができ血糖値が下がります
黒酢もろみ酢にはこのクエン酸サイクルを活発にする働きがあり糖尿病の予防になります

 

黒酢ダイエット

黒酢ダイエット

食事によって体内に取り入れられた炭水化物はブドウ糖からビルビン酸に分解され
さらに別の酵素によってアセチルCoA(活性酢酸)に分解されます

アセチルCoA(活性酢酸)はクエン酸、コハク酸、フマル酸、リンゴ酸などに
分解されながらエネルギーを作ります

こうしてクエン酸がオキザロ酢酸という物質になった時アセチルCoA(活性酢酸)と合体して
クエン酸に戻り再び同じ回路を巡ります

これをクエン酸サイクルといいます

browser-girl-chrome-icon

クエン酸サイクル

クエン酸が形を変えながら循環するとエネルギーを生み出します
このエネルギーが体を動かす原動力になります

クエン酸は体内で生成される成分ですが食べ物にも含まれます
オレンジ、グレープフルーツ、レモン、などの柑橘類、酢の中でも沖縄もろみ酢に多く含まれています

体外から摂りいれられたクエン酸は直接クエン酸サイクルに入ります
クエン酸サイクルを回すと体内のエネルギーを燃焼させると様々なメリットがあります

まず体内に蓄積しようとする中性脂肪や糖質を燃焼させ体外に排出させます
その結果コレステロールの増加を防ぐことができます

クエン酸サイクルが活発に活動するとダイエット効果につながります
食事を抜くなどの無理なダイエットをするより毎回バランスの取れた食事に酢の物をつけるか

毎日少量ずつ酢を飲み続けたほうが健康にもよく無理なく続けることができます
肥満の原因は食べすぎですが食生活や習慣や嗜好はなかなか変えることができないので
意識的に酢を飲み続けることが効果的です