元源黒酢プレミアム

元源黒酢プレミアム

アミノ酸の量が通常の米酢の140倍になります

黒酢の力と6種類の温漢素材で基礎代謝をアップして
血行を改善して燃焼しやすい体にし太りにくい体質に導き
さらに日常の疲れの改善や美容や健康を維持して若々しさを保ちます

黒酢と6種類の温漢素材を配合

発酵黒にんにく、発酵黒たまねぎ、発酵米エキス
ショウガ、春ウコン、 ローヤルゼリー、発酵高麗人参

暖める素材

ショウガ、春ウコン(姜黄)

春ウコン(姜黄)は正式には姜黄といわれ秋ウコンよりもクルクミンが豊富で
食物繊維、精油成分、ミネラルが豊富です

一般的には漢方薬の姜黄のほうが有名です

冷え症や血行不良などの症状に処方され優れた効能があります
血行を改善して気の巡り改善に処方されます

腹痛、月経不順、無月経、月経痛、打撲

定期コース

通常価格:2240円

20%OFF

メーカー:健康コーポレーション

成分

オリーブ油、黒酢粉末、発酵黒にんにく粉末、発酵黒たまねぎ粉末、しょうが粉末、春ウコン粉末、 乾燥ローヤルゼリー粉末、酒粕二次発酵エキス、発酵高麗人参エキス末、ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル

※詳細はコチラ
⇒ 

黒酢腎臓機能改善効果

黒酢腎臓機能改善効果

腎臓はソラマメのような形をしていて脊柱の両側に1つずつあります
腎臓は流れ込んできた血液から老廃物や有害物質をろ過し

膀胱を経由して体外に排出させるとともに
ろ過する際に混じっている糖などの有効を取り出し血液に戻します

さらに血圧を調整するホルモンやカルシウムの吸収をよくするビタミンDを活性化させる役割も持っています
腎臓が病気になると尿の量が減り顔や体がむくんできますが

老廃物や有害物質をろ過する機能も低下するので浮腫みや疲れや尿に血液たんぱく質が混ざるようになります

腎臓の主な病気として軽いものから重いものがあります
腎炎、ネフローゼ、腎盂炎、腎臓結石などや腎不全などがあり腎不全になると腎臓の働きが停止してしまいます

腎臓は1度病気にかかると、なかなか完治しない病気ですが
腎臓の病気の原因としていわれるのが食品添加物や農薬などの有害物質の蓄積
ストレス疲労塩分のとりすぎ、酒、喫煙などです

Kanban-sign-icon

酢の利尿作用

酢には利尿作用がありますが
尿の量が増えれば体外に排出される老廃物や有害物質が多くなります
それにより浮腫みの改善や腎臓の機能回復につながり腎臓の病気の予防になります

腎臓が弱ると、ろ過機能が低下して浮腫みやタンパク尿や血尿が出ます
必要なたんぱく質も体外に排出されてしまうので腎臓の機能が低下します
それにより疲れや強いむくみやなどが持続してしまいます

腎臓にたんぱく質のとりすぎは禁物ですが黒酢にはたんぱく質を構成するアミノ酸も含まれています
黒酢やもろみ酢を摂取すると有機酸が腎臓細胞内のクエン酸サイクルを活発に動かすので
腎臓に元気を与え、腎臓の機能を向上させます

黒酢肝臓機能改善効果

黒酢肝臓機能改善効果

黒酢肝臓効果

肝臓はおなかの右上部にある大きな器官です
人間が口にした食べ物は胃腸で消化吸収され肝臓に貯蔵されます

その後必要に応じて体内の隅々に供給されます

また胆汁を十二指腸へ出して脂肪を乳化し吸収を助けたりグリコーゲンの合成と貯蔵
アミノ酸の代謝たんぱく質の合成解毒や尿素合成など生命の維持に重要な働きをしています

肝臓の働きが低下すれば肝蔵の働きが低下すれば肝細胞の中に脂肪がたまって脂肪肝になります
肝蔵は半分切除しても戻るほど強い再生能力を持っているので自然治癒力することもありますが
脂肪肝の状態が長く続くと肝硬変になってしまいます

肝蔵は脂肪肝の状態では自覚症状が出ません
自覚症状が出たときには病状が進行しており肝蔵が沈黙の臓器と呼ばれるのはそのためです

肝蔵を病気から守るには高カロリー高脂肪の食べ物をとりすぎない
酒を飲みすぎないストレスをためないことです

酢の特に沖縄もろみ酢に多く含まれるクエン酸は肝臓細胞内のクエン酸サイクルの働きを活発にします
それによって体内に摂りいれた食べ物をエネルギーとして完全に燃焼させます

酢酸のすばらしいところは体内に蓄積されていた余分な脂肪も
クエン酸サイクルに引き込みエネルギーとして燃焼することです

酢酸はストレスにも有効です
酢酸を体内に補給し続けると健康を維持することができ
自律神経も整うので精神的にも安定が得られます

黒酢抗アレルギー作用

黒酢抗アレルギー作用

黒酢抗アレルギー作用

体内に異物が入りこむと体は異物に対して無害化する物質の抗体を作ります
そして再び同じ異物が体内に入ってくると抗体が反応して異物を処理します

これは人間の体を守る免疫として働いているのですが限度を超えて
本来は守る体を攻撃してしまう場合がありますこれがアレルギーです

アレルギー反応が起こると肥満細胞(マスト細胞)から
ヒスタミン、セロトニン、ロイコトリエンなどの物質が放出されかゆみや湿疹などの症状を引き起こします
このアレルギーのかゆみを抑えるために軟膏を使ったりします

黒酢のペプチドにはアレルギー性の、かゆみを抑える軟膏と同じ働きがあることがわかっています
またアレルギー症状の治療法の1つに体質改善があります

もろみ酢はクエン酸サイクルを活発にし自律神経の
バランスを整え酸性の体質からアルカリ性に導く働きがあります

 

browser-girl-chrome-icon

黒酢美容効果

肌の若さは保湿力、活発な新陳代謝、外部の刺激から守る
保護力、弾力やハリの4つのバランスがとれていれば保たれています

肌の美しさを保つためのもというと美容液や乳液、クリームなど肌の外側から働きかけるもが多くあります
あわせて内側かrも肌をきれいにしていくことが必要です

皮膚は皮下脂肪の上に2mmから3mmの真皮
その上に0,1mmの表皮0,01mmの角質層からなっています

表皮は約4週間のサイクルで新しく生まれ変わり表面に押し上げられて角質層になります
この角質層にどれくらいの水分があるかどうかで皮膚の状態が左右されます

その保湿因子として重要な物がアミノ酸です
アミノ酸が不足すると肌がかさついたり、つやがなくなったりします

黒酢には血行をよくして新陳代謝を活発にする働きがあり肌を内側から美しくします
また黒酢やもろみ酢には肌細胞の新陳代謝を活発にする働きがあります

皮膚の表皮が角質層になる代謝サイクルが崩れると肌がかさついたり、つやがなくなったりします
新陳代謝が活発なうちはよいですが衰えてくると本格的なシミ、シワになやまされることになります
酢を毎日飲むことで悩みは解消され肌にはりがもどってきます

黒酢は活性酸素を減少させる

 

黒酢は活性酸素を減少させる

体が錆びるのは体が酸性化しているためです体が酸化すると様々な病気の原因になります

働きすぎなどでストレスが多くなるとピルビン酸から疲労物質である乳酸菌が大量発生します
この乳酸が細胞内にたまると体は酸性に傾き始め疲労という形であらわれます

酢には酸性に傾いた体をアルカリ性に引き戻す力があります

酢のクエン酸は疲労物質の乳酸を解消します
肝臓の中で貯蔵されているブドウ糖からエネルギーを作るために
ブドウ糖はピルビン酸に形を変え、そしてアセチルCoA(活性酢酸)などの形に変化します

これを糖の酸化分解といいます
ブドウ糖がピルビン酸を経てアセチルCoA(活性酢酸)に変化できないと
疲労物質の乳酸が出来てしまい体の疲れがあらわれます

しかし酢をとると細胞内に溜まっていた乳酸がアセチルCoA(活性酢酸)に変化して
クエン酸サイクルを生み出していきます

クエン酸と酢酸を摂取することで体内の乳酸が消費され疲労回復につながります

Kanban-sign-icon

酢は活性酸素を減少させる

活性酸素は細胞や血管を傷つけ動脈硬化や心筋梗塞などを引き起こす
人間にとっては怖いものですが活性酸素は呼吸をしているだけで自然に発生してしまいます

人は呼吸することにより酸素を体内に取り入れています
その酸素は血液中の赤血球によって体内の細胞にくまなく運ばれます

この細胞内では糖分や脂肪を燃やしてエネルギーが作られますが
このとき酸素の約2パーセントが活性酸素に変化しています

活性酸素には殺菌作用がありますが増えすぎると正常な細胞を傷つけ酸化させます
なぜ酸化するのかというと活性酸素は脂肪が大好物で
不飽和脂肪酸で作られた細胞膜に結合してしまうからです

結合すると古くなった油が黒ずんでしまうように体を錆付かせていきます

活性酸素が増えすぎる原因は大気汚染や紫外線の浴びすぎ、喫煙、食品添加物など
活性酸素の大好きな脂肪のとりすぎが原因といわれています

この活性酸素を撃退して体を錆びから守るのが抗酸化物質がSOD(スーパー.オキシド.ディスムターゼ)です
SODは体内で作られますが20歳をピークに生成量が減少するので
抗酸化作用のあるビタミンEやポリフェノールやβカロチン、リコピン
セレンなど金属ミネラル酢に含まれるクエン酸などを食べ物などから補う必要があります

クエン酸は体内に入った金属ミネラルが酸素と結合してしまう前に体にすみずみまで届いた金属ミネラルは
抗酸化物質で体内の活性酸素を攻撃するSODを強化します